広隆寺
「日本書紀」にも記述が残る京都最古の寺院。603年に秦氏の豪族であった秦河勝が聖徳太子から賜った仏像を安置したのがはじまり。「和を以って尊しと為す」の思想と共に平和な世の中を目指した聖徳太子の理想が表現された寺院である。新霊宝殿には国宝指定第一号の木製の弥勒菩薩像が安置されている。