高山寺
世界遺産。元は神護寺の一部であったが1206年に明恵上人が後鳥羽上皇によりその寺域を賜り高山寺と改称した。高山寺には石水院と呼ばれる学問所や、高山寺の開基である明恵上人の「明恵上人樹上坐禅像」などの国宝がある。中でも石水院の門の横にある茶畑は日本最古の茶園と言われている。栄西が宋から持ち帰った茶を明恵上人が受け取り植えたのが始まりとされている。現在も5月に茶摘みが行われている。高山寺に伝わる鳥獣人物戯画はユニークな絵巻物として知られる。京都国立博物館や東京国立博物館で「鳥獣戯画展」として展示される機会もある。秋には神護寺と並んで紅葉の名所である。