東寺(教王護国寺)
平安京遷都から間もない796年に、平安京の正門に当たる羅城門の東西に「東寺」と「西寺」という二つの寺が建立されたが西寺が衰退したため、現在に残るのはこの東寺だけである。823年に真言宗の宗祖である空海が嵯峨天皇から東寺を給領され、それ以降は真言密教の根本道場として発展してきた。源平の争いや土一揆など、度々戦乱に巻き込まれたため、創建当時の建物は現存していないものの、伽藍配置や規模は平安時代から変わっていない。高さ54.8mの五重塔は日本の木造建築の中で一番高い建物である。国宝である金堂は、豊臣秀吉によって再建されたもので、中には薬師如来像があり、十二神将像も納められている。圧巻なのは講堂で、21体の仏像を配置することで、密教の教えを表した曼荼羅を立体的に表現している。(写真:(C) 教王護国寺(東寺))