京都国立博物館
1897年に開館した博物館で、主に平安時代から江戸時代にかけての京都の文化を中心とした文化財を、収集・保管・展示している。特別展示館として利用されている明治古都館は、片山東熊の設計による煉瓦造平屋建てのフレンチルネサンス様式の美しい建物であり特に美しい。敷地内には茶室「堪庵」もあり、予約をすることで借りることができるようになっている。京都を中心とした社寺からの寄託品も多く、伝源頼朝像などの国宝や重要文化財を多数展示している。