詩仙堂
白川通の東、山懐に位置する。開基は石川丈山、創建年は寛永18年(1641)。現在詩仙堂と呼ばれているのは、正しくは六六山詩仙堂丈山寺凹凸?。詩仙堂の名は、中国の漢晋唐宋の詩家三十六人の肖像を狩野探幽に描かせ、図上にそれらの各詩を丈山自ら描いて四方の壁に掲げた“詩仙の間”に由来する。開基の石川丈山は漢詩をはじめ、書道、茶道、作庭に精通した江戸初期を代表する文人で、元は徳川家康の家臣。詩仙堂は丈山が人生の後半31年を隠棲した山荘跡である。竹作りの苔むした屋根の表門・小有洞。竹林の中の石段。四季で姿を変える梅、藤、牡若、サツキ、紅葉に囲まれた白砂からなる唐様庭園。庭に響く鹿おどし、あらゆるものに丈山の美意識が息づいている。