曼殊院門跡
延暦の年(782-806)に最澄が阿弥陀仏を安置する鎮護国家の寺院として比叡山に建立したのがはじまりとされる。明暦二年(1656)に良尚法親王によって、現在の一乗寺の地に造営された。皇族とゆかりのある天台宗の門跡寺院でもある。石段の上に立つ格式高い勅使門、重要文化財でもある大玄関の竹虎図、深山と海洋を表す枯山水庭園。洛北屈指の紅葉の名所として知られ、キリシマツツジやツバキの季節も美しい。格式高さと趣深さが織りなす自然との調和がみられる、風雅な門跡寺院である。