鞍馬寺
二億六千万年前に隆起した、尊天の霊気溢れる鞍馬山の山麓に位置する。宝亀元年(770)に奈良唐招提寺の鑑真の高弟鑑禎が鞍馬山に登り、毘沙門天を本尊に安置したのが起源。毘沙門天は平安京の鬼門にあたる北方の鎮護の寺として興隆した。鞍馬山全山が境内であるため深山の気を受けて心身に活力を甦らせるとの信仰が生まれた。また牛若丸が天狗を相手に修業したという伝説でも有名。火祭り発祥の由岐神社を経て、九十九折参道を登って行くと、三尊尊天像を安置する本殿金堂と金剛床に辿り着く。本殿裏には国宝の毘沙門天などの仏像が安置される霊宝殿、さらに山奥には650年前に金星から降り立ったとされる護法魔王尊を祀る奥の院魔王殿がある。