貴船神社
貴船山の山麓、鴨川の水源の一つの貴船川沿いに位置する。鞍馬寺金堂から貴船神社へ抜ける山間には、根が露出した木の根道が続く。5世紀の第18代反正天皇の時代に(406~410)に創建されたといわれ、白鳳6年(677)には社殿建て替えの記録が残っている。古くから雨乞い・雨止めの水の神を祀る古社として知られ、歴代朝廷も生き馬を捧げて祈願したといわれている。本宮から奥に進んだ結社は、ここへ参詣した和泉式部が不和だった夫と復縁したという逸話から、縁結びのご利益があるとパワースポットとして女性に人気がある。また、本宮の御神水に浮かべる水占おみくじ(200円)も人気がある。