清水寺
京都観光の定番、清水寺。「清水の舞台から飛び降りる」ということわざで有名なこの舞台からは、記録によると実際に234人が飛び降りたというから驚きだ。高さ13メートルもの高さから飛び降りるのには理由があった。その昔、庶民の寺として親しまれていた清水寺。飛び降りたのち生きていれば願いが叶い、死んでしまっても天国へ行けると信じられていたのだそう。統計によると20代の挑戦者が多く、命を懸けてでも叶えたかった願いを持ち、後先考えず飛び込むその姿からはまだ若い無鉄砲さもうかがえる。また、清水寺の始まりとなった地主神社は、今も恋愛成就の神社として親しまれている。片方の岩に触り、目をつむってもう片方の岩まで辿りつければ恋が実るのだとか。1200年たった今も庶民に愛される寺である。