無鄰菴
無鄰菴は、明治の元老、山県有朋が造営した別荘である。「無鄰菴」という名は、有朋が山口県の長洲に建てた草庵が閑静な場所だったことに由来している。その後、木屋町二条に別荘を構えたが、更に新しい別荘を構えたいと思い、明治27年に現在の地での別荘の造営を始めた。日清戦争の勃発により造営は一時取り止められるが、翌年から工事が再開し、明治29年に完成した。敷地の大部分を占める庭園は有朋が最も愛した場所であり、東山を借景とし、疏水の水をとり入れ、三段の滝、池、芝生を配した池泉廻遊式庭園である。 建物は、簡素な木造2階建の母屋、藪内流燕庵をモデルにつくられた茶室、煉瓦造2階建ての洋館の三つからなる。(写真:(C) 無鄰菴)