法然院
鎌倉時代初期に浄土宗の創始者である法然が鹿ケ谷の草庵で念仏を唱え続ける修行を行った。その後法然は浄土宗総本山として知恩院を建て、浄土宗も世に広まり始めた。しかし天台宗などの浄土宗以前の旧仏教が浄土宗の弾圧を激化させ、そんな折の1206年、後鳥羽上皇の女官である松虫・鈴虫が法然の弟子でともに修行していた安楽・住蓮を慕い出家を申し出るという事件が発生、それに激怒した上皇が法然を讃岐の国へ流してしまう。以降この草庵は荒廃の一途をたどったが1680年に知恩院38世萬無の発願とその弟子忍澂によって法然院が建立された。法然院は隠れた名所のひとつである。山門をくぐると、静寂に包まれた世界が広がる。丁寧に掃き清められた美しい庭園を目にすると、心洗われる気持ちになるであろう。