銀閣寺(慈照寺銀閣)
1482年、室町幕府第八代将軍の足利義政が彼の別荘として創建。正式名称は東山慈照寺といい、一説によれば義政の祖父であり室町幕府第三代将軍の足利義満の建てた金閣寺と対をなしているように見られ、江戸時代から銀閣寺と呼ばれるようになった。実際に観音殿など一部は義政自身が金閣寺を訪れ参考にして作られている。義政は文化や美をこよなく愛し、設計には彼の美意識をふんだんに詰込まれ、又この場所で茶や舞踊等多くの文化的伝統的行事が行われ、義政が政治がうまくいかないとき等ここにきて一時の平穏を過ごしていた。