永観堂禅林寺
仁寿3年(853年)弘法大師の弟子真紹僧都により創建。貞観5年(863年)清和天皇より「禅林寺」の勅額を賜わり今日まで千百有余年の歴史を持つ京都有数の古刹。真言密教の道場として始まり、浄音上人の代に浄土宗西山派の寺院となる。永観堂と通称するのは、自らを「念仏宗永観」と名のられる第七世永観律師に由来している。ご本尊は、お顔を左に向けたお姿の「みかえり阿弥陀如来像」(国・重文)。「モミジの永観堂」と言われ、紅葉時期には夜間拝観も行われる。また、多宝塔からは四季折々の京都市内を一望出来る。(写真:(C) cma 秋の紅葉ライトアップイメージ)