伏見酒蔵めぐり
桃山丘陵から豊富に湧き出る地下水脈に恵まれた伏見の地は、かつて「伏水」とも呼ばれ、その水が酒造りに適していたことから、400年程前から本格的な酒造りが始まった。伏見は、城下町として、また東海道の淀川の港として栄え、宇治川や疏水沿いに白壁が映える酒蔵が立ち並んでいる。月桂冠大倉記念館では、伏見の酒造りの工程や貴重な酒造用具類、日本酒の歴史が見学でき、見学後には伏見の湧き水や吟醸酒を試飲することができる(事前予約が必要)。記念館南側の乗船場からは十石船に乗ることができる。十石船は、柳が揺れる中を進み、舟から見る酒蔵や柳並木など歴史情緒ある景色は、酒造りの町ならではの風情がある。