伏見稲荷大社
711年に秦公伊呂具(はたのきみ・いぐろ)が勅命を受けて稲荷山に神様を祀ったのが起源だと言われている。京都で最も古い神社の一つであり、今日では五穀豊穣、商売繁盛、家内安全、芸能上達の守護神として信仰されています。伏見稲荷大社といえばなんといっても美しく並んだ鳥居だ。稲荷山全体では、信者や企業から奉納された約1万基の鳥居があり、特に千本鳥居と呼ばれるところは狭い間隔でびっしりと朱塗りの鳥居が建てられていて、名所となっている。願いごとが「通る」または「通った」お礼の意味から、鳥居を奉納する習慣が江戸時代以降に広がり、たくさんの鳥居が奉納されてきたのだ。稲荷山の頂上まで登るには少し時間と体力を要するが、爽快感を得られることは間違いない。