野々宮の竹林
早朝、人の少ない時間に訪れるとまるで映画の中に飛び込んだかような幻想的な空間を独り占めすることができる。まだ霧がかった中の竹の鮮やかさは見事で、静寂の中、天に突き刺さる勢いでまっすぐに伸びる竹に見下ろされた小道を深呼吸しながらゆっくりと歩くと、嵐山の大地から満ちたパワーを肌で感じることができる。ひんやりと涼しいこの小道は、疲れた体と心を癒してくれる。年末のライトアップされた姿もまた美しい。春と秋の一部期間のみ一般公開されている。