下鴨神社のみたらし祭

地元、下鴨神社のみたらし祭(御手洗祭)に行ってきました。
御手洗祭は、平安時代、季節の変わり目に貴族が禊払いをしてけがれを払っていたことに由来し、現在は、下鴨神社の夏の風物詩となっています。
祭当日の「足つけ神事」では、蝋燭を手に、素足になって膝までつかりながらみたらし池(御手洗池)を進み、祭壇に蝋燭を捧げて無病息災を祈ります。
御手洗池から上がってご神水をいただくと、諸病にかからず延命長寿の霊験が言われています。
暑い夏に冷たい水に入っての「足付け神事」はとても気持ちがよいので、子供の頃から大好きな年中行事です。

下鴨神社のみたらし祭